« 時計の針 | トップページ | 小和田へ »

P6177698____2

ここは秩父多摩甲斐国立公園内、風致地区。
建ぺい率はなんと10%coldsweats02

自宅と実家のキョリは歩いて5分で、約500m。
その中間にある小さな沢。
毎日、通勤で朝晩通っている道から、脇に50m入ったトコロ。

こんなに蛍がいるなんて、今年知った。

車が100台ほど入る市営公園の駐車場に隣接している。
駐車場を解放すると、沢山の人が来てしまい、ややこしいことが起こる。
ので、昼間は開放しているが、夜間は解放していない。
いかにもこの街らしい行政。

小学生の頃、夏休みには毎日欠かさず、虫を取りに一人で行った里山。

その頃のこの街は、ベッドタウンと言う名の植民地。住宅が次々と立ち並んだ。
1200人の中学校。40人クラスの社会の時間。
「この町で生まれて、この町で育ったヤツ手を挙げろ」
自分を含め3人だけ。
空は光化学スモッグで覆われていて、川は汚染され、釣れる魚は奇形ばかり。


きみまろじゃないが、あれから40年。
今ではココは観光地。
自然は戻ったのだろうか?

※写真はヒント。わかる人にはわかる。

|

« 時計の針 | トップページ | 小和田へ »

コメント

久しぶりの更新ですね。

投稿: オーフィー | 2012年7月11日 (水) 19時49分

止まっていた時計の針を一つ動かしました。

投稿: ike | 2012年7月17日 (火) 23時20分

わかった!
むかし釣堀があった辺りだ。

投稿: 白ひげ | 2012年9月25日 (火) 16時42分

>白ひげさん

信じられないくらい、沢山います。

投稿: ike | 2012年9月26日 (水) 01時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525395/55167727

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 時計の針 | トップページ | 小和田へ »