« 2010年4月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年5月

大岳山へ

休暇が取れたので大岳山へ

一番下のチビを9時45分に幼児園へ預けて、滝本に着いたのが10時15分。
ここへ14時15分までに戻り、14時45分に迎えに行く想定。
ケーブルに乗って山頂駅へ着いたのが10時30分。
Sdim1332 準備運動をして、まずは御岳神社へ。
Sdim1345屈強そうな狛犬。そう言えば、御岳神社は犬の神社だったっけ。神社のトレードマークも犬だ。
「日本武尊を救ったお犬様がなんとかかんとか・・・」って看板もあった気がする。
ちなみに、この狛犬は胸毛がすごい。あれれ?もしかしてタテガミ??
参拝をして、長尾平に11時。Sdim1349 先週の高水に続き、新緑がきれい。綾広の滝の上を通過すると水の音がする。かなりの水量がありそだ。滝行には困らなそう。Sdim1352
アクバ峠に11時半。ほぼ予想通りだけど、予定からは少し遅れ気味。
アクバ峠に向かう所から、人が少なくなると予想したけど、予想したほど少なくない。
要するにハイカー多し。しかも、老いも若きも女性が多いね。男性は少数派。
ほぼ12時に大岳の神社に到着。ここまでに男性トレイルランナー一人とすれ違う。この日出会ったトレイルランナーは彼一人だけ。
さて、あんな狛犬がいるかと思えばこんな狛犬もいる。
Sdim1374_2 ここの山小屋は営業を辞めてしまったらしい。今では正月と夏休みの数日だけしかやっていないと、御岳の御茶屋さんのおばちゃんが話してくれた。Sdim1378
12時15分に頂上到着。天気は良かったのだが、少々の雲と霞で富士山は見えなかった。この時期は仕方ないか。
持ってきたおにぎりとパンを食べる。今日のおやつはトレイルミックスのみ。他は用意し忘れた。凍らせたペットボトルは先週の高水ではまったく融けなかったのだが、今回は少し融けていた。
12時半過ぎに下山開始。
Sdim1382 鍋割山の入り口に12時50分。ギリギリ間に合いそうなので、奥の院へ行くことにする。
鍋割山にはすぐ到着するが、奥の院はちょっと遠いね。
レースでの追い越し禁止区間は、だいぶ雑草が伸びてきて、ジャングルっぽくなってました。Sdim1396 で、2日前の雨ザーザーの日に、母親は傘を差してここを登って大岳へ行ったらしい。(しかもケーブル使わず・・・)
自分以上に行動が読めない(笑)

ビジターセンターに13時40分。ケーブルの時間が読めないので走って降りる事に。
疲れが見える彼女は、ゆうに25分以上かけ、14時10分に滝本駐車場へ。
幼児園には14時44分に到着。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神保町へ

「THE NORTH FACE athlete talk series 鏑木毅」を聴きに、神田のICIへ。

実は先月原宿で行われた時にも参加したので、今回で2回目。
無料となると俄然、出張ってしまう。TNFのスタッフに「皆勤賞ですね」とか、冷やかされる。冷やかしに来ているのはこちらのつもりなのだが。。。(笑)
(今回はTNF森さんが来ていた。前回に続き三浦さんも)

前回、原宿のときにこっそり鏑木さんに「次回は内容を変えるかもしれない」と聞いていたので、実は期待していた。
前回の内容はUTMBに終始した感じだったが、今回は(待望の)「ウエスタンステイツ」の映像と「THE NORTH FACE北京100」の映像を見ることができた。
「THE NORTH FACE北京100」では昨年に続き連覇されようだ。昨年は報告会で映像を見たし、満足デス。
「ウエスタンステイツ」は正に、待ち続けた映像だった。昨年秋にNHKで放映されないことがわかって、、、冬にDVDに収録されないことがわかって、、、
待ちに待った映像。いやコレも、面白いよ。もっと見たい!NHKさん、編集して販売してくれないかなぁ。。。放映でもいいけど。
あ、ポーリンがデカイ一眼レフ抱えて、ちゃんと仕事してましたよ(笑)

原宿も神田もあいにくの雨。今回は特に空席が多かった。(もったいない。。。)
でも、楽しかったです。またやらないかぁ。
Dsc01333_2 Dsc01346_2 Dsc01361_2 Dsc01362_2 Dsc01370_2 Dsc01371_2 約1ヶ月ぶりにえくんちょさんとお会いした。突貫さんとは青梅高水以来。
お二人とも野辺山で大変だったと思うけど、そんな感じは微塵もなく。。。
元気そうに見えたよん。

※えくんちょさんのすごいところ。いや、一般的に言われるキタタンや野辺山の頑張りじゃなくて。。。それ以外でも。
 何度写真を撮っても同じ表情で写るコト。それってメチャすごいですよ。 (真面目な話、練習しているとしか思えない?ある意味プロですね)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高水山へ

高水山へ

彼女が一番チビと2時間で帰ると約束させられて、高水山へ。
一番チビ以外は「(ゲームやってるから)当分帰ってこなくていいよ」って感じ。

さすがに2時間は無理なので、ドア・ツウ・ドアで3時間が目標。
10時半過ぎに家を出る。

途中のセブンイレブンでおにぎりと、ペットボトルを購入。
白岩地区へ車を置いて11時に出発。
2時間でここまで帰ってくるのが目標。

まずは、榎峠へ出る。
青梅高水のコース通りに常福院を目指す。
くもの巣が無いのは、誰か先行者がいるのだろう。

見晴らし広場までゆっくりペースで登る。まさにトレ早歩き(笑)
Sdim1298 あそこに見えるのが高水山。
新緑が何とも言えない位美しい。
青梅丘陵は、格別に紅葉が美しいわけではない。もちろん紅葉も十分に美しいのだが、自分はこの時期の新緑が一番美しいと思う。
ただし、晴天日に限るのだが。
Sdim1303 まぁ、新緑が一番美しいと言う事は、取り立てて美しい場所ではないと言う事の裏返しなのか。
青梅丘陵と言う「特別」ではない場所にも趣を覚え、愛でるという事が、実は日本人らしい行為だったりするのかも知れない。
Sdim1313 丁度12時に常福院へ到着。
写真は緑が被っているが、修正していない。自分の目にも緑が被って見えたから。
この写真、自分で言うのも何だがオリジナルは非常に美しい。(カメラとレンズの性能に負う所も多いのだが)
Sdim1320 常福院は満員だった。
レースの日以外でも、満員になることあるんだね(笑)

持ってきたおにぎりを食べて、15分ほどで出発。

青梅高水のコースは、一旦表参道を降りてしまい、なちゃぎり林道を登り返す所が萎えるね。
Sdim1329 頑張って、14時前に白岩地区へ到着。
整理体操もソコソコに、2時半前に帰宅。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年7月 »