« 天覚山そして天覧山へ | トップページ | 切込湖・刈込湖へ »

七国峠から青梅丘陵へ

午前中はOLジュニアチャンピオン大会を観戦に七国峠へ

しかし何だね。これほど観戦に向かないスポーツも珍しいやな。
競技者は開始直前までスタート・ゴールはわからないわ。観戦者は競技が始まっても、スタート・ゴールがわからない(汗)
更に誰が何処を通るかも全くわからんし、観るためには観客に体力を求めるし・・・(笑)

ってコトで、彼女と昼食の買い物のついでに、ドラッグストアの駐車場に車を置きっぱなしにして、OLを観戦。てゆーか、ありえないでしょ。それって。スーパーに車を置いてOLの観戦だよ(笑)
開催場所をテキトウに想定して山へ入るんだけど、見誤ると30分以上山の中を歩いて、何も観れずに終わる危険性アリ。
まぁそこは土地勘があるので、300mも山に入ると予想通りコース上に出ました。

山の中からガサガサと音がして人が突然現れ、アサッテの方向(藪の中)へ走り過ぎていく・・・変な感じ(笑)
それも、次から次へと・・・

移動しながら1時間半程観戦。皆が集まる方向へ歩いていったらゴールがあった。
初級者コース上のフラッグはハイキング道の端にあるんだけど、それでも下を向いて走ってたら見落とす場所に設置されているね。

結構派手にこけるおっさんとか、溝に落っこちる若者とか、見ていて楽しいと言うか、ハラハラするというか、、、
参加者の皆さんは、良い汗をかいていたんじゃないかと思う。

あ、昨日に引き続き、大島レディースのやまきょうさんにお会いできた。
残念ながら、他の知り合いとは会えず仕舞い。

ジュニアチャンピオンの初級者コースは、自分の力量なら藪を越えるより、道なりに走ったほうが速いと思う。
しかも今年の七国峠や昨年の滝山城址だったら、コンパス無し、O-mapのみでまわれる。たぶん。。。
だって、道知ってるもん(笑)来年でちゃおうかなぁ・・・

さて、遅い昼食後、ウダウダしてたら15時(汗)
渋る子供らを引き連れて青梅丘陵へ。

15時半に永山公園をスタート。第4休憩所の往復は歩きだと約1時間。戻ってくる頃にはカナリ暗い。この時期のこの時間からハイキングできるコトに感謝。
子供と一緒なので、カメラはOLYMPUS E-420に14-54mm F2.8-3.5と言う(中古格安で入手した)割とお気に入りのレンズで出動。
(以下、少々マニアな表現が含まれることをご了承下さい(笑))

天気は上々。P1246140
今日は何故か子供達がコースを外れて歩き始めた。

青梅丘陵にはコースを外れると、小さな祠がいくつかある。
そのウチの一つ。(これは割と大きい方)P1246161
いつも誰かが手入れしている。ご苦労様です。
一番チビが手を合わせていた。何を思い、願ったのか・・・?
ZD1452レンズらしい、開放での柔らかい描写を生かすことができた。こんなにこのレンズらしい描写ができたのは(おいらにしては)珍しい。いや見事に決まった、本日納得の1枚。嬉しくなったよ。

こちらはお馴染みの新宿高層ビル群。P1246168_2 こんな時間なのに良く見えています。ちなみに16時15分。
焦点距離(35mm銀塩換算で)100mmチョイの割に、良い仕事をします。

ハイキング道を外れるとこんな感じのシングルトラックが続く。
P1246172 落ち葉でフカフカだけど滑る。
この写真もこのレンズらしくて良いですなぁ(笑)

おや、珍しく走ってますよ。
P1246175 一応、青梅マラソンに出る練習だそうで。。。
って、小学生は1.5kmだよ。いくら小学生でもマラソンって感じじゃないよな。毎年、みんな全力疾走するそうです(笑)
で、これもこのレンズらしく柔らか目に撮れています。手前側のボケと、奥の陽光の具合が気に入ってます(^_^)

さて、第4休憩所で暖かいコーヒーを皆で飲んで温まったら戻ります。
P1246178 このレンズ、ちょっと絞るとそれなりにカチッと描写するんですよ。
空の青さはオリならでは。

この感じを撮りたくて、子供らを置き去りにして、走って下りました。
P1246181 手前は既に日没。奥側だけが陽に照らされている状態。
本当はじっと待てばもっと良い瞬間に会えるのかもしれません。
でもその瞬間は、老後の楽しみにとって置きましょう(笑)

今日も「枝間の富士」が見えました。
P1246188 富士山が見えると、なんとなく落ち着くよねぇ。。。
ちなみにおいらの場合は、大岳が見えても気持ちが落ち着きます(笑)

空には半月。
P1246190 結局17時半前頃まで遊びましたsweat01

|

« 天覚山そして天覧山へ | トップページ | 切込湖・刈込湖へ »

コメント

多摩OL&青梅レク研の谺です。

JC大会は観戦のみでしたか。会場が分かっていたのでしょうから、そこに行けばどの辺が観戦ポイントか聞けたのでしょうが、残念でしたね。聞かずともスタートまでのテープを辿ればスタート地区は見られますね。約500人の人がスタートしていきましたからにぎやかでした。
次回は是非選手で出てください。

また、七福神大会参加もありがとうございました。

投稿: 谺 拓山 | 2010年1月29日 (金) 13時20分

谺 拓山さん

コメントありがとうございます!
会場へ行けばもう少し情報が得られるんですね。教えてもらえないかと思い込んでいました。
(なにぶんにも今回は昼食の買出しついでだったので(笑))
次回は選手ですか・・・coldsweats01
前向きに検討させて頂きます( ̄ー ̄)ニヤリ

投稿: ike | 2010年2月 4日 (木) 00時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525395/47394658

この記事へのトラックバック一覧です: 七国峠から青梅丘陵へ:

« 天覚山そして天覧山へ | トップページ | 切込湖・刈込湖へ »