« 御岳山へ | トップページ | 五日市の日の出山へ »

御岳から棒の折へ

  更に先日に引き続き、本日もディバズの菅平でご一緒させて頂いた方と、御岳から棒の折へ。

「用事があり午後から走りたい」との連絡があったため、午後から走りきれるコースを設定しました。

実は微妙で、自分が走った時は約3時間半で走っており、午後昼食を食べてからだと結構ギリギリ。

今回一緒に走る方は山屋さん出身のため、ヘッデン持参で来てくれました。イザとなったらライト使って走ることになります。

まずは、御嶽駅裏手で簡単な食事。なんだか空が泣き出しそうです。。。まいったなぁ。。。

食事の後、惣岳山へ向かいますが、出発は13時をまわりました。

Pc060002x 高尾・奥多摩にありがちな、こんなトレイルを歩いて高度を稼ぎます。

時間に限りがあるのでどうしても早足になってしまいます。

たくさんのハイカーの方とすれ違いました。100人全部で近くいらっしゃったでしょうか。

惣岳山まで、コースタイムのほぼ半分で到着です。

Pc060016x 惣岳山を越えるとこんな景色が。。。

午後なのにこれだけ見えると言うことは、空気が澄んでいます。新宿がはっきりと認識できます。

Pc060023x_2 ワーイshine日が射して来たぁ~~~

Pc060027x_2 岩茸石山山頂より、筑波山を望みます。筑波山がいつもよりでかいsign01ちょっとびっくり。

Pc060030x_2 稜線がきれいshine

ハイカーの方はほぼいなくなり、岩茸石山の山頂を独占です。

山頂の標識の穴から、本日の目的地である棒の折を確認。

Pc060034x 岩茸石山でおやつタイムの後、黒山を目指します。

もう紅葉は終わっていて、落葉ですね。結構フカフカconfident

Pc060040x い~かんじgood

Pc060045x 黒山へ出る途中、大丹波が見えるポイントから大岳山を望みました。

何処から見ても見つけやすい山ですね。

天気は予報どおり大丈夫のようです。良かった!

Pc060046x 空気が冷たくて気持ちいい~~~happy01

一人で「気持ちイイ~~」と繰り返しながら走ります。

なんだか、勝手に足が出て行きます。

Pc060055x 既に西日ですが木漏れ日が温かい。。。

黒山を超えるとドンドン走ってしまいます。小さな坂は勝手に身体が動いて駆け上がってしまいます。すごいhappy02今日は調子イイのか自分?走力上がった?と勘違いしてしまいそう・・・coldsweats01

今回はゴンジリ峠手前で高橋香さんの碑を発見。黙祷させて頂きました。

ゴンジリ峠を越えると棒の折はずぐ。

Pc060066xやったーsign01sunがあるうちに来られた~~~sign03

思ったより寒くないしhappy01 ここで再びおやつタイム。あ~んど、お着替えwink いや~これで全然寒くな~い。scissors

Pc060069x ススキがキレイlovely

まだコースタイムで1時間20分の沢下りが待っているので、冷えない内に下山です。16時をまわりました。

Pc060074x 日が落ちると一気に暗くなります。

紅葉した葉の落葉がきれいです。

Pc060079x 月がきれいです。その分暗くなってます。

沢は涼しくて、マイナスイオン一杯で気持ちいい~。

途中、結構見事な滝がありました。「白孔雀ノ滝」だったかな?残念ながら全景を見ることができるポイントがなく、部分的にしか見られません。てゆーか、下りがあまりに急で、ゆっくり滝を見る余裕がありません。

更に日没後、周りがかなり暗くなってきました。

Pc060087x ここもすっごいキレイだったんだけど、もう暗くて上手く写せませんでした。。。bearing

さてさて、森の中はもうかなり暗いです。でも、もう本当に少しで終わりです。

もったいないような、、、でも、急がないと真っ暗になっちゃうし、、、

足元しか見えないよぉ。。。

Pc060091x と、泣きが入りそうになったところで、名栗湖の湖面が見えてきました。湖面が見えたら100m程度でゴールです。

いやぁ、ギリギリセーフ。(いや、もしかしたらセーフじゃなかったかもsign02

時間に追われちゃったけど楽しかった!!

この後はいつものspaでアイシング&まったりして、定食屋さんで夕ご飯を食べました。

二人分で千二百円ちょっと。しかもご飯大盛り(笑) おいしかった~

できるだけ素敵なコースを用意しますネgoodまた、走りましょうsign01

|

« 御岳山へ | トップページ | 五日市の日の出山へ »

コメント

こんにちはー。(◎´∀`)ノ
土曜日は時間変更していただいてありがとうございました!
あんなコースがあるなんて、結構驚きと発見の連続でした。ikeさんのおもてなしもとってもビックリ&感謝でございます。
またいきましょうね!神奈川のほうもぜひぜひ来てください。

投稿: うT | 2008年12月 8日 (月) 20時22分

うTさん

お疲れ様でした~!
結構ギリギリでしたねcoldsweats01
今回はアクセスの関係から南から北へのコースとなりましたが、実逆向きの方が若干下り基調となります。
なので、トレランで走る人達は逆向きが多いです。
ただし「さわらびの湯」をゴールに設定する人もいるので、その場合は今回の方向になります。
神奈川方面も是非ご一緒させてください。せいぜい、使えないTシャツを集めておきます(笑)

投稿: ike | 2008年12月 9日 (火) 22時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525395/43341396

この記事へのトラックバック一覧です: 御岳から棒の折へ:

« 御岳山へ | トップページ | 五日市の日の出山へ »