« 御岳山へ | トップページ | 御岳から棒の折へ »

御岳山へ

先日に引き続き、本日もディバズの菅平でご一緒させて頂いた方と、みたけ山山岳マラソンの試走(今年2回目)で、御岳山へ。

今回は平日なので、滝本の駐車場へ車をデポ。

ウソみたいにハイカーさんは殆どいない。

登山道を歩って走って、ケーブル駅への分岐までは約32分。

本番ではもう少し走る区間を増やそう!? 目標は30分切りか?

Pc010005x ケーブル御岳駅から

今日も気持ちいいsign01

Pc010009x 大塚山への分岐。先週はあんなにきれいだったのに。。。

Pc010014x 大塚山からの下り。落葉樹の葉は殆ど落ちている。地面は落ち葉でふかふかだけど、落ち葉の下に何が隠れているか分からないので慎重に。

Pc010017x 水量頑張れば滝行できるのか・・・?

実はここからしばらく写真がありません。

本日は撮る気にさせる風景に出会えませんでした。。。。(てゆか、息が上がっていて撮るのを忘れていたのですが)

それでも、いくつか撮ったのですが、ドーモイマイチ。

Pc010028x  これは鍋割山、奥の院から降りてきた、長尾平の手前。

これくらいに紅葉した木も無い訳じゃない。

長尾平を抜けて、神社まで階段を駆け上がれば、本日の試走はしゅうりょ~う。

御岳のお土産屋さんで昼食にしました。温かいお昼ごはんを食べてまったりした後、外へ出たら寒いsign03 ちょっとまったりし過ぎました。

とりあえず、残り時間が少しあるので日の出山へ行くことに。

Pc010040x 日の出山山頂より。

日の出山から御岳へ戻ってから、滝本駅までは歩いて下って、本日のダウンジョグも終了。

その後、温泉に入った後に5時半頃には解散しました。

あ~、今日も楽しかったsign03

また、ゼターイ行きましょうhappy01

Pc010054x 先日酷評してしまったTeva X1ですが、右側だけシューレースを変えて、試走に使いました。

結果、前回ほど靴の中で足は動かないものの、激下りでは足が動いてしまいます。バスクやモントレイルに比べ1サイズ小さいのを購入したのだけど、サイズが合っていないのかなぁ。。。

ただ、御岳のレースは15kmだし、これでもいいかな?と思っています。

|

« 御岳山へ | トップページ | 御岳から棒の折へ »

コメント

おかげさまで服の入れ替え終了(涙)
次回はガッツリご飯食べて帰ります。
そしてマジモードで走れるようがんばりますので
また連れてって下さい!

投稿: Fu | 2008年12月 1日 (月) 23時09分

Fuさん

お疲れ様でした!
服の入れ替えできて良かったですネ。これで薄着解消!?
次は青梅高水のコース行きましょう!
次回もまた楽しく行くゾー(^_^)v

投稿: ike | 2008年12月 1日 (月) 23時33分

うまっちもみたけ山エントリーしておりま~す

見かけましたら宜しくっすぅ

投稿: うまっち | 2008年12月 2日 (火) 11時16分

うまっちさん

お見かけしましたらゼターイにお声掛けさせて頂きます。(そのためにはエアロビまでに見つけないと、、、走り始めたらゼターイに追いつけないしcoldsweats01

宜しくお願い致しま~すsign01

投稿: ike | 2008年12月 3日 (水) 22時46分

こんばんは!
はじめて、ブログにお邪魔しました。
御岳は年中行事だったのに、もう2年も行っていません。

写真いっぱい見ていたら、すごくなつかしくなり、あの神代けやきに会いたくなってしまいました。
ロックガーデン、きゃ~きゃ~言いながら走りたい!!!

その前にこの体、何とかしなければ。。。

ikeさん、来週の御岳がんばってくださいね!
目標タイム1時間40分!どうですか?
う~ん、いける、いける!

投稿: hiromi | 2008年12月 5日 (金) 23時11分

hiromiさん

コメント有難うございますlovely
年中行事じゃやらなきゃ仕方ないので、プライベートで走りましょうsign01
お付合いさせて下さいhappy02
でも、足の方もお大事にされて下さい。

では、目標タイムは1時間40分と言うことでcoldsweats01
頑張りまっすpunch

投稿: ike | 2008年12月 6日 (土) 01時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525395/43291336

この記事へのトラックバック一覧です: 御岳山へ:

« 御岳山へ | トップページ | 御岳から棒の折へ »