« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

御岳山へ

  ディバズの菅平でご一緒させて頂いた方と、みたけ山山岳マラソンの試走で、御岳山へ。

車は御岳の無料駐車場へ。ケーブルカー駅の滝本に置かなかったんだけど、これが正解。連休と言うこともアリ、御岳は混み混み。ケーブルカーも待ち行列。

こちらは試走なので、登山道をサクサクと歩く。(走ってません(笑))約35分でケーブル駅への分岐。全部歩くとこの時間なんだ。

ここからもハイカーさんが多く、走れません。ケーブル駅を越えると走れるようになる。でも、おしゃべりしながら。いつも話をできる速さで走りたいのだけど、一人だとどうしても速くなっちゃう。でも相手が居ると丁度良い速さを保てるね。

Pb230029x_2 大塚山への分岐。紅葉がキレイです。

Pb230021x_2 大塚山の頂上。

見晴らしはそれほど良くないけど、紅葉はきれい。

いいペースで大塚山を降りると、またハイカーさんがイパーイ。

でも、長尾平からの下りは殆ど人がおらず、ロックガーデンまでは良いペースで駆け抜ける。

Pb230035x_3 ロックガーデンはこんな感じ。Pb230036x_2

紅葉はイマイチだけど落ち着いた感じ。人は多いなぁ。。。

人が多いのでここでは休まず、滝を目指します。

Pb230054x_2 えーーーー、これじゃ滝行できないじゃん!

ここも、決して人が少ないので、ゆっくりせずに先へ向かいます。

あまり走っていない割りにすっかり疲れてます(笑)奥の院への分岐までが長く感じるぅ~

奥の院への分岐まで来て、大岳へ向かうことにケテーイ。

ハイカーさんも多いので、ここから大岳までは登山。急登や鎖場では渋滞にあいながら、大岳を目指します。

Pb230064x あ~、大変だったけど大岳まで来て良かった!今日も雲がかかっていない富士山が見えたよ!

青梅丘陵からだとテッペンしか見えない富士山も、大岳からだとほぼ全貌が 見えるんだねぇ。

結構、日差しが強いです。

大岳山頂は賑わってます。でもここまでの渋滞を考えると、想像したほどではないね。軽食を取って、冷える前に下山開始!

Pb230072x 下りは速い!ハイカーさんもかなり少なくなっていたので、本当にあっという間に奥の院の分岐まで到着。

奥の院はこんな感じ。

こちらも一瞬にして下山。下りはあっという間です。

Pb230081x_4  これは長尾平。にぎわってるけど、キレイだし。。。

Pb230088x 御岳神社までの石段は駆け上がりましたhappy01

御岳神社も紅葉がきれいですね。

Pb230091x 御岳神社はかなりの賑わい。ゆっくりできない(笑)

予定よりは早いけど、ケーブルは使わずに下山。

滝本の駐車場へ車を入れたい人の渋滞が1kmくらいつながってた。。。

Pb230110x 下山後、おしゃべりしながら奥多摩フィッシングセンターをハイク。御岳渓谷も好きなんだよねぇ。

駐車場へ戻った後、MTBのプチ試乗会(?)もできました。あ~、またMTBもやりたいなぁ。。。

温泉へ行って、夕食も食べて解散。

距離はそれほどでもなかったけど、結構疲れたぁ~(当日ブログアップができなかった。。。)

またどこか行きましょう!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

奥多摩の雲取山へ

鴨沢から雲取山へのピストン。全て巻き道(笑)

スカイランナーのみやちさん(とたくちゃん)に連れていって頂きました。

おいらにとって初めての2000m級の登山。あこがれの雲取山。。。

天気予報では冷え込むけど晴れ予報!いやおうなく期待が膨らむヨ。

今回も写真が多いッス。

事前の調査では、紅葉は入り口付近が最盛期とのこと。

Pb190001x 最初に飛び込んできたのは、こんな画。見事な半月のお月様。

Pb190002x 次はコレ。萌え~~~~

Pb190003x 緑色もキレイです。で、なんでこんな形?

Pb190005x 登りはこんな感じが続きます。Pb190007x

往路は歩いて上ります。1500m程の尾根へ上がるまでは走りません(^_^;;;

Pb190010x キレイだよぉ~

ヤバイよぉ~

Pb190030x_2 2時間ほどかけて尾根に出ました。

いやぁ、来た甲斐があったね。

足は余裕なのですが、少し走るだけで息苦しいです。。。

Pb190033x 富士山もお出迎えしてくれます。

Pb190034x 絶好の雲取日和。雲は掴めないけど。。。

Pb190055x マウンテンバイカーの方が3名ほど。ん~今度来る時は、おいらもチャリ持って来ようかなぁ。。。。

Pb190072x 山頂に着きました。2時間40分かかりました。

ウソみたいだけど、南の富士山側が埼玉県で北側が東京都?

ところで、、、寒いっす。指がかじかんで、物が上手く掴めません。。。

Pb190088x 関東平野がほぼ全て見渡せます。こんなの初めてだぁぁぁ!!!

新宿のビル街も見える。いや、見下ろせる!

Pb190094x 富士山は刻一刻とその姿を微妙に変えます。

高さ的に自分達と富士山が同じ高さの様な感覚があります。

Pb190103x 少し待っていると、完全に全貌を現しました。

Pb190117x ちょっとだけ、森林限界っぽい雰囲気を味わえました。(本当は限界じゃないけど)

Pb190118x 少し雲が出てきました。それがまた画になる。。。

Pb190122x いやぁ、最高のお天気です。いいなぁ。。。

のんびり写真を撮ってたら、だいぶ冷えてきました。

慌しく荷物をまとめて下山開始です。

Pb190128x 下り始めはこんな感じ。

Pb190134x 下りは一気に降りて来てしまいました。と~っても走りやすいです。(転んだけど(笑))

Pb190142x もう下まで降りちゃいました。1時間40分程度でした。

こんな短時間で行って来られるんですね。ビックリです。また来たいですね。

今度は石尾根(全て巻き道?)も、是非!

みやちさん、たくちゃん、声を掛けて頂き、有難うございました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

高水山へ

また、高水山はご無沙汰で、ほぼ20日ぶり。しかも晴れの高水は夏以来じゃないのか・・・?

久々なので紅葉を期待!!! 今回も画像多いよ。

Pb130006x 青梅丘陵入り口のイチョウ

いきなり、いい感じ。と言うより、一番低いここで、もうこんなに紅葉してるって事は。。。!?

Pb130010x 青梅丘陵から見える富士山は控えめでかわいい(笑)

Pb130021x 横浜のランドマークタワーがウッスラ見えた。新宿の都庁はそれなり。

Pb130032x いつもの場所。寒そうに撮れた(笑)

Pb130033x ここも、いつもの場所。

のんびり写真を撮ってたら、名郷峠まで1時間かかってしまった。。。ヤバイ!気づくの遅すぎっっ!

あわてて走ったけど、雷電山で既に80分。コレでアウト。。。

Pb130038x 榎峠に88分。これじゃ足きり。練習にもならん。

仕方ないので、ここからはハイキング。写真は榎峠から高水山への入り口。

Pb130046x 見晴らし広場。ぽかぽかで気持ちいい~~~

Pb130060x やっと常福院。かなりお疲れ。陣馬の疲れが残ってるのかなぁ。。。

Pb130068x 常福院の紅葉。既にハイシーズン。来週には落ち葉になりそう。

Pb130075x 常福院のモミジ。なかなか立派。

Pb130088x 高水山頂への道。

Pb130123x 帰りはダレダレ。う~ん、しんどい。

青梅丘陵は杉が多いから、紅葉はこんな感じ。まぁ十分キレイだ。

Pb130140x 永山公園上の金比羅神社。すっかり秋ですね。。。

青梅丘陵の紅葉はこんなもんかな。今がハイシーズンですね。ハイカーも平日にしてはかなり多かったです。

でも高尾の混雑を見ちゃうと。ガラガラ~なんですけどね(笑)

Pb130132x_2 今回、初めてTevaのX1を履いてみた。ビミョーどころじゃなく、おいらにゃダメだねこりゃ。紐がどんどん緩んじゃう。強く結ぶと足がしびれる。弱く結ぶと中で足が動く。ヒールカップが小さく、足の位置が決まらない。と、良い所ナシ。

いや、噂どおりグリップは良い。けど、グリップが良いとなおさら中で足が動く。。。あと、デザインや色は良いと思うんだけどねぇ。短い距離の練習で履き潰すしかないかな。

次もブルックスかバスクがいいのかねぇ。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

藤野から陣馬山へ

第8回陣馬山トレイルレース へ行ってきました。

7時20分頃に車で到着したら、とてつもなく遠い駐車場へと案内されました。と、丁度そのとき、まっちゃんから、「駐車場一杯」のメールが。。。で、とてつもなく遠い駐車場からはシャトルバスで会場まで輸送されました。

Pb090003x 会場に到着と同時に受付。10月のファンファンでお会いした、丙のうまっちさんと再会。簡単な挨拶をしました。

続いて、御岳の土産物屋街でハセツネ応援を一緒にしたチエゾーさんを発見。久々の再会です。

まっちゃんが見つからないので、テキトウに着替えて、荷物を預けて、トイレへ行ったら、もうスタート15分前。アップどころか準備体操もできていません。

Pb090006x スタートの少し前。あ、今気づいたけど丙のうまっちさんが写ってた。

ごくごく簡単な準備体操をしていると、スタートが近づいて、人口密度が高くなってきます。

今回はあまり前からスタートしない作戦。アップできてないから、最初の舗装区間はジョギングするつもり。

と、すぐ後ろにうTさん発見。7月の菅平以来の再会。相変わらずカワイイです(^_^)

Pb090009x と、そのすぐ後ろにまっちゃん発見。良かった!3人集まってみたら、たまたま、うTさんとまっちゃんがブルックスのカスケディア。おいらがGTSA7でブルックス3人組と相成りました。

そんなことをしている内に、スタート!

準備体操もアップもマトモにやってなかったので、最初はジョグでスタート、、、したら、うTさんにだいぶ先行されてました(笑)

取り敢えず、ずっとジョグペースで止まらず進みます。まっちゃんも大体同じペースで、二人で前後します。他の人を追い抜くときに、余計な力を使っちゃうんで、ずっとジョグペース&無理せず追い越しで進みます。途中から歩き始める人がいるので、ジョグペースでもだいぶ抜くことができました。もう少し前からスタートしても良かったかもしれません。

Pb090013xトレイルレースおなじみの渋滞です。昨年は明王峠までのトラバースを含むシングルトラックではだいぶ渋滞した記憶がありますが、今年は渋滞らしい渋滞がありませんでした。

からといって、決して昨年より前の方でレースを進めたわけではないと思うんだけど。。。

Pb090016x_2 給水所です。ご苦労様です。今年もひしゃくが活躍してます。2杯頂きました。

Pb090017x 明王峠です。

明王峠まで意外と長かった。逆に陣馬山頂までは短かった。

ここまでに倍くらい写真を撮りましたが、ボケてたり、ブレてたりで使い物にならんよ。トレイルレースは晴れないと写真は難しいね。

Pb090020x 陣馬山頂です。

Pb090021x 雨が止んでホント良かった!

山頂からの眺めは、思ったよりも良かった!結構キレイでしたよ。

Pb090022x写真では分からないけど、陣馬近辺はすっかり紅葉していました。 それなりにキレイでしたよ。

さて、ここからはトレイルの下りです。写真は有りません。

ランシューなので抑え気味に。。。去年はこの下りで潰れたので、抑え気味に。。。

でも、かなりの人を抜かすことができました。今回の結果を見る限り、おいらは下りがソコソコ速いようだ。基本的に抜かされませんでした。(苦手なんだけどネ)

Pb090023x落ち合い手前の舗装の下りは更に丁寧に。。。ここではだいぶ抜かされました。

落合ではまずトイレ。待ちなしでした。ラッキー。トイレから出てきたらちょうどまっちゃんと合流。

で、ここでも水を2杯頂きました。かわいい学生さんの写真も撮ったんだけどブレブレ。。。

結局落合では2~3分休んでしまった。

この先は魔のロード区間(7km?)今日の目標は歩かない事としたので頑張ってみる。ので、以降はゴールまで写真なし。

途中、息遣いが荒い、速いランナーさんに抜かれたので付いて行ってみる。結局この人とはゴールまで競り合うことになりました。

コバンザメしていると、ガーミンが4’30/kmと表示する。あの登り舗装路で、そんなに速い訳ないけど、途中、メチャ胸が苦しくなったり、足が動かなくなったりしながら、それでも何とか付いて行く。

最後の給水所手前で、で引っ張ってもらったランナーさんを抜く。給水所で水を飲んでいたら抜き返えされた。その後、トレイルで抜き返してから、ずっとすぐ後ろを走ってきていた。

最後の激下りは潰れても良いつもりで、飛ぶように降りる。前のランナーさんもスピードアップ。前後含め、3人で転げるように降りていくと、皆さん道を譲ってくださる。ありがてー。

ロードに出ると、とうとうふくらはぎと腿の中で、エイリアンがうごめきだす。一気にペースを下げると、くだんのランナーさんに抜かれた。「引っ張りますよ!」のありがたいお言葉でしたが、丁重にお断りする。何とか攣らないように騙しながら超スローペースへギアチェンジ。

最後のカーブ手前でとうとう攣ってしまった。攣ってもこけないように細心の注意を図りながらゴール!

ゴール直後の写真。ハリマネさんに撮って頂きました。

Pb094780x_2

早速、荷物を受け取り、完走証とすいとんを頂いて、まっちゃんのお出迎え。

Pb090025x_2 すいとん食べながら待っていましたが、たまたま上手く捕まえることができました。よかった!

この少し前に渡辺千春さんの息子さんの太良くんがゴールしていましたよ。確か小学生じゃなかったけ。。。

Pb094783x_2そしてハリ天さんと一緒に写真を撮ってもらいました。(ハリマネさん、写真提供頂き有難うございます)

この後、まっちゃんと合流した後、ハスミンさんハケ~ン。しばらく歓談していると、、、うTさん、チエゾーさんもハケ~ン!実はお二人はお互いに面識はなかったけど、ずっ~と一緒に走っていて、すっかり戦友となっておりました。不思議なものです。

さらにこの後、まっちゃんのお知り合いと合流し、やまなみ温泉へ。ゆっくり、まったりして、16時過ぎに帰路に着きました。

実は昨年のこのレースが初レースでした。が、あまりに散々(陣馬からの下りで膝を痛め、落合以降は全て歩いた。。。)なレースだったため、誰にもこのレースに出たことを言えなかったんですよね。。。今回、昨年の自分にリベンジでき、まずまず納得の行くレースができました!この一年の全てに感謝。トレイルとランにかかわって下さった全ての方にありがとうございましたと言わせてください!

記録  2:31:44(あれ?トイレ我慢すれば2時間半切れた!?)

順位  216位

実はこの順位、自分的には微妙です。以前から、レースで2割以内に入れる様になったら、初心者・初級者講習会へ出るのはやめようと漠然と思っていましたが、その事実が突き付けられる事に。12月の御岳、来年4月の青梅高水で間違って同様の成績が収められたら、本当に初心者講習会への参加はは終わりにしなきゃ。(まぁ、無理だとは思いますが、頑張りま~す!)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

馬引沢峠へ

第8回 Fun Fun Trail Run 奥多摩スペシャル 2008年LAST RUN!!

今年最後のファン・ファン・トレイルランです。いつもなら「行ってきました」って感じなんだけど、今回はちょっと違うかな?

集合場所の釜の淵公園まではrvcarで10分です。でも、家を出る前からrainが降り始め、気持ちは萎え気味shockでも、地元と言うことで、ポーリンさんに「今回も盛り上げます!」と宣言してしまったので、がむばらねばっっpunch と言うことで?濃い目のレポートです。

受付開始30分前に駐車場へ到着すると、佐藤浩巳さんがいらっしゃいました。程なく今年のファンファン皆勤のK村さんが到着。すぐ後にスタッフも合流。少し遅れてポーリンさんが到着です。(間瀬さんはのんびり来るとの事)

かんぽの湯の駐車場へ車を突っ込んで、集合場所の東屋へ。菅平と前回のファンファンに参加されているI川さんがいらっしゃったのでご挨拶。

Pb080003x 本日の佐藤浩巳商店(笑)

受付時間を過ぎた頃から、参加者が集まり始めます。

鮎美橋から東屋までの道のりが分からない方がいて、ポーリンさんのmobilephoneへ連絡が入るたび、おいらに声がかかり、出動!参加者の方を東屋までご案内します。

数回目の出動では、菅平でご一緒させて頂いた”しらっち”さんをご案内。久しぶりにお会いしたら、髭が生えていました。

Pb080006x 始まるまでは、皆さん思い思いにストレッチ等をしています。おいらも他の参加者の方々と歓談していると、すぐに講習開始時間に。

Pb080022x「いつもの凸凹3人組でお届けしま~す」 とは言ってなかったけど、まぁ、意味的にはそんな感じ!?happy02

そしていつものスタッフ紹介も。TNFのY内さんは今回も調子が悪く、裏方へ回るそうです。(チョット心配です)デザイナーのI坂さんは今回欠席でつまんな~い。また今度よろしく!

Pb080029x どうやらギアの説明は完全に佐藤さんの担当となった模様。(以前は間瀬さんと二人で説明していた)

と言うことで佐藤さんはいつも通り熱心に、分かりやすい説明を・・・

Pb080035x 佐藤さんが説明している裏では、いつもと相変わらず、悪だくみの相談sign02

佐藤さんのギアの説明終了後、間瀬さんからコースと地図の見方の説明があって、その後は東屋を後にして、荷物をスタッフに預けます。

まだ、この時点では、しっかりと雨が降っていました。。。sad

さて、荷物を預けると、トレイルまでは舗装路を歩きます。

Pb080047x トレイルまでの途中の空き地(駐車場の一部)でストレッチを行います。

間瀬さんのお尻を意識した歩きを全員でやると、皆で変な集団に。。。

気が付くと、sprinkleがやんでるsign02

Pb080050x 階段を登って神社へ。

今回も速い人がいて、階段登りでは負けず嫌いの間瀬さんが負けちゃいました。調子が悪いとは言ってましたが、参加者のレベル高すぎ。。。初心者・初級者向け講習会ですよぉ~~~ (って、ソロソロ人の事言えません。。。)

Pb080061x 神社の境内では、恒例の間瀬さんの筋肉鑑賞会bleah

「今日は寒いから脱がないでしょう?」「いや、間瀬さんだからわからないよ」等という常連さん同士の会話とは全く関係なく、間瀬さんは元気に脱いでくれました。

ここからは、間瀬チームと佐藤チームに分かれて行動。今日はコースが楽なため、走力分けはせずに、立っていた位置でテキトウに半分に。

おいらは明日のレースが気になっていたので、カメさんぽい方のチームに参加coldsweats01

前半は間瀬チームです。

Pb080072x_2 間瀬さんの講習。

間瀬さんは佐藤チームに追いつかれると、焦って言葉が出なくなるため講習終了? 先を急ぎます。(毎度の事)

今回は急登がなく、ずっと走れてしまいます。先頭はみーちゃんですが、速い速い。みーちゃんペースで走っていると、カメさんチームは追いつけない人が数名。。。

途中で二ツ塚峠、馬引沢峠での説明や、ウルシの説明、馬頭観音の説明が間瀬さんから有りました。(走りの説明はイマイチだけど、この手の話の説明はウマイ)

最終処分場から先は間瀬さんから「次の分岐まで行ってくださ~い」とか「赤ぼっこまで行っちゃってくださ~い」と言われて、みーちゃんと二人で引っ張ります。集合場所の公園では案内をしていたし、先頭は引っ張るしで、今回の講習でもおいらの事をスタッフと思ってる参加者がいただろうなぁ。。。(事実、その様に話しかけられました)

Pb080105x 赤ぼっこではチョットだけ皆さんに先着してcameraを。東京側。

Pb080107x 奥多摩側。

ここで、小休止。間瀬さんからはプチトマトが振舞われ、おいらは持ってきたトレイルミックスとドライフルーツとチョコレートを提供。

概ね好評で安心しました。皆さんへ行き渡りましたでしょうか?(ちなみに、あのドライフルーツはアメ横で購入可能です)

Pb080109x_2こちらは、今回のキレイどころ。女性ランナーって皆さんキレイですよね。更にトレイルだと 1.2割増(当社比)で美しく見えます。皆素敵な笑顔ですね。だからキレイに見えるのかな?

少し休むと体が冷えます。腹ごしらえをしたら冷え切らない内に出発です。

Pb080113x ここからは、佐藤チームです。

佐藤さんは、大きな通る声で、いつもの先生ぶりを発揮。 

それに従う素直な生徒達(笑)

赤ぼっこからの帰り道は、基本的に下り。下りは快適できもちい~~~~

Pb080137x 初トレイルの方々もすっかり慣れてきて、この通りhappy01 でも、下りは速いからすぐに降りちゃう。

最後は「もう一周したいheart02」なんて意見もsign02

Pb080155x 柳淵橋で終了。。。思ったよりも走った距離は長く、ガーミンで9kmでした。

橋の下の河原では、間瀬さん家族にカレー風味のスープとロールパンで、おもてなしして頂きました。(スープをおかわりしたうえ、パンを4つも食べたのは内緒coldsweats01

じゃんけん大会は早々に敗退して好い所なし。

かんぽの湯で汗を流して帰宅!

のはずでしたが、、、、

入浴後、K村さんとスタッフに挨拶にお伺いしたら、今度はなんと、おうどんを頂いちゃいましたnoodle これも内緒の話(笑)

ご馳走様でした!おいしかったぁ。

ポーリンさんにサインをもらって、本当に帰宅。と言っても、16時20分過ぎに駐車場を出て、16時30分過ぎには帰宅。らくちんですね。

あ~、今回もFunFunは色々と楽しかったです。スタッフの皆さん、ポーリンさん、間瀬さん一家、佐藤さん、そして参加者の皆さん、ありがとうございました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

八王子の高尾山へ

トレランセミナーIN高尾山で高尾山へ

Pb020009x 参加者の皆様。まだ、筋肉も表情も硬い。。。初参加の人は少ないらしいけど。

みんな結構真剣?宮地さんによるとレベルはみんな同じ位との事だけど、実際どうだろう?

Pb020014x
女性比率が高い。しかも、みんな速いよ。ランシューの人も多かった。ロードランナーさんたちは速いね。女性でもサブ3.5は固いみたい。おいらより確実に速いって事だな。

実際、下りはおいらの方が早いけど、走れる区間があると女性陣に煽られる。。。

この写真の直後の女性陣のミスコースを止められなかった。十分に止める余裕はあったのに。。。反省。

でも、おかげで大垂水手前のミスコースはすぐに呼び止めることができた。

Pb020037x 城山から東京方面。空が高いね。

Pb020046x 城山から富士山を望む。

Pb020052x 景信山の手前。

”城山では少し物足りないよチーム”の皆さん。固さが取れたよね(^_^) おいらも、皆に和んで頂けるように、話題を提供しつつ頑張ったよ(笑)

さて、帰りはゆっくりでした。高尾山頂から1号路は大渋滞。さながら、ラッシュの新宿駅って感じ。よほど気をつけてないと他の人とぶつかる。。。

同じ位の走力の人が集まると言うことは、常にある程度のペースで周りも走っていると言うことで、ある意味つらいね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »